教育・研修

教育プログラム

すべての看護師の人材育成は、クリニカルラダー、目標管理、現任教育の3本柱を土台にした当院の「キャリア開発ラダーシステム」に基づいて行われます。

キャリア開発ラダーシステム

(段階的に示された教育到達目標に対して臨床看護実践能力を評価し、ステップアップを図るシステム)

到達目標
レベルⅣ チーフナース(管理代行・専門性)

(1)倫理かつ実践的知識を統合し創造的な看護を実践することができる

(2)医療チームの中での調整的役割をとることができる

(3)師長・主任を補佐し、看護単位の円滑な運営及び看護実践を推進することができる

レベルⅢ ベテランコーディネーター(支援)ステージ1,2

(1)看護単位において円滑な業務が遂行できるように役割をとることができる

(2)あらゆる状況を判断し、リーダーシップが発揮できる

レベルⅡ ベテランコーディネーター(全人的)

(1)担当患者以外の患者に対しても積極的な関わりができる

(2)コーディネーターの役割と責任を理解することができる

(3)後輩や学生に指導的関わりをすることができる

レベルⅠ 担当看護師(個別生)

(1)担当患者の個別性を踏まえた問題解決ができ、適切な看護実践ができる

レベルふきのとう(アソシエートナース)
支持・支援を受けながら日々の副担当看護師ができる

(1)基本的な知識・技術・態度を修得し正確で安全な看護実践ができる

教育の柱
臨床看護実践能力
対象の状況に応じた適切な看護サービスを提供するために、知識・技術・姿勢などを統合し実践する能力
教育
社会が求める看護ニーズに応え看護の質を向上させるために、教育・研究に取り組む能力
マネジメント能力
社会が求める看護ニーズに応え看護の質を向上させるために、教育・研究に取り組む能力
看護倫理
看護師が対象に看護を実践するときに、人間として内面にある道徳的意識に基づいた行動の拠りどころ
人間関係能力
対象及びその家族との信頼関係の確立や、医療チームと協調し連携を図る能力
社会性
社会人として、組織人としての責任と役割を果たす心構え
運用・その他
(1)
ローテーションの場合は、1ランク下げてスタートする※ローテーションにおいてレベル4からレベル3になる場合は、必須研修はクリアとし、ラダー表のみレベル3スタートとする
(2)
産休、育休の場合は、復帰前のレベルからのスタート
(3)
准看護師においては経験年数に合わせてスタートし、ラダー表評価を見て進め方の検討をしていく
(4)
そのレベルの評価が全て3以上にならない場合でも、上のレベルの必須研修を受けることが出来る
(5)
その他、検討が必要なケースについては承認委員会で話し合って進めていく(1年目准看護師の場合など)※「5つのものさし」とは、ナイチンゲールの看護をベースにした評価基準です。
既卒の場合
(1)
経験年数が1年未満はふきのとうレベルからスタート
(2)
経験年数1年以上は、レベルⅠの承認に向けてスタート
(3)
ラダー表は原則として、6ヶ月経過してから開始とし、それまでは目標管理を中心に進めていく
(4)
その他、検討が必要なケースについては承認委員会で話し合って進めていく
キャリア開発ラダーとは

看護専門能力の到達パターンを経験年数ではなく、個々人の達成すべき個人能力として段階的にその道筋を示していく方法で、次の評価基準に基づいて、教育が行われます。
そのほかにも看護研究会、ベッドサイド教育、病棟研修会、QCサークル活動といった院内教育、看護大学や日本看護協会主催の研修・学会への参加、各種専門、認定看護師資格取得のためのバックアップ体制を行っています。

評価基準
ラダー表を規定評価とし、課題レポートを看護の構築度の評価、職員として求められる行動を、社会人・組織人としての評価として考えていく、この3つの側面から看護師としての成長を評価していきます。
キャリア開発ラダーシステムの3本柱
[ラダー表による毎年評価]
  • 自己の振り返り
  • 自己の方向性
  • なりたい自分
  • なりたい看護師
  • ものさし(尺度)
  • 課題レポート
[目標管理]
  • 目標管理シート
  • キャリアカウンセリング
  • 面接(組織ニーズ、個人のニーズ)
  • 個人ファイル
[現任教育]
  • 院内研修
  • 院内研修 研究会・学会
  • 院外活動(授業、地域、講習会など)
  • 自主研修
  • 看護研修
  • 院外卒後教育
    (専門教育・卒後教育の支援:厚生労働省、文部科学省、地方自治体、海外研修、看護系大学、一般系大学、大学院など)