教育・研修

新人教育

プロへのキャリアは「ふきのとう」から始まります。

「ふきのとう」とは?

基礎コース一人前の看護師に成長する前の新人看護師のことを「ふきのとう」と位置づけ、“よい看護”を提供するために看護師として、人として成熟するための継続的教育プログラムを用意しています。まず新人ナースは、社会人としての心構えや人間関係づくりといったナース教育以前の教育プログラムからスタートします。その後、本格的な新人教育研修に入り、経験に合わせた計画的・効果的・継続的な教育プログラムが組まれています。月1回の「ふきのとうの日」では、オリエンテーションやグループワークにより自分で考える力を磨き、看護師としての基礎力を養うとともに、2年次に行う研究発表に備えて自らの看護論を構築します。

新人教育プログラム 年間スケジュール

4月

オリエンテーション

工場見学

新人合同学習会

OJT

5月

「ふきのとうの日」 救急看護学習会、1ヶ月の振り返りなど

6月

「ふきのとうの日」 呼吸のアセスメント、糖尿病の基礎、3ヶ月速度チェックなど

7月

「ふきのとうの日」 3ヶ月研修(テスト・グループワーク)、呼吸器ケアなど

8月

「ふきのとうの日」 創傷ケア、褥創予防、3ヶ月研修フォローなど

9月

「ふきのとうの日」 担当看護師準備コース、脳アセスメントなど

10月

「ふきのとうの日」 6ヶ月研修(レポート、ディスカッション)、薬の作用など

11月

「ふきのとうの日」 閉塞、エンゼルメイク、感染管理など

12月

「ふきのとうの日」 グループ学習、PEG、救急看護、10ヶ月到達度チェックなど

1月

「ふきのとうの日」 病院の災害対策など

2月

「ふきのとうの日」 10ヶ月研修(テスト・グループワーク、1分スピーチ)

3月

「ふきのとうの日」 1年チェック、グループワーク、課題レポートなど

2年目へ

キャリア別研修(事例展開)

12月に事例研究発表

※「ふきのとうの日」とはゆとり教育の一環で設けた新人の日

新人教育プログラム

【ふきのとうレベル(アソシエート)の到達目標】
役割:
支持、支援を受けながら日々副担当看護師ができる。
基本的な知識・技術・態度を修得し、正確で安全な看護実践ができる。
  1. 支持・手順、各マニュアルに従い、安全確実にベッドサイドケアができる
  2. 院内研修、看護実践を通して看護の知識を深めることができる
  3. 看護単位における業務内容と看護師の役割がわかる
  4. 看護師の行動は、ICN及び日本看護協会の倫理網領に基づくものであることを理解できる
  5. 組織の一員として規律を守り行動する大切さがわかる
  6. 病院の理念及び看護部の理念と目標がわかる

※アソシエートナース:看護技術手順に沿って実践しようとしている新人看護師

必修研修プログラム
[看護基礎技術]
  • 活動・休息援助技術
  • 食事援助技術
  • 清潔・衣生活援助技術
  • 排泄援助技術
  • 予薬の技術
  • 創傷管理技術
[看護実践]
  • 救急救命処置技術、AED
  • 呼吸・循環を整える技術
  • 薬剤等の管理
  • 看護記録
  • オーダーリングシステム
  • 呼吸器ケア
  • 循環器ケア
  • 糖尿病の基礎
  • 代謝・酸塩基平衡
[マネジメント]
  • 安全衛生講話
  • 感染防止の技術
  • 安全確保の技術
  • 災害・防災管理
  • 業務管理
  • 看護管理
  • 針刺し防止について
[看護倫理]
  • 情報管理
  • 看護者の倫理綱領配布
  • 「人権を考える」
  • 看護職員として必要な基本姿勢と態度について
[教育]
  • ナイチンゲール看護論入門配布
  • 看護総論
  • 教育体制
  • 副担当看護師準備コース
  • 担当看護師準備コース
[社会性]
  • 入職ガイダンス
  • 新入職員の心構え
  • 工場見学