病院のご案内

小児科

当科の目指すところ ~喜ぶ子供と共に喜び、つぶらな瞳にこたえたい~

こども達の健康を守り、子育て奮闘中のお父さんお母さんを応援します!!

人はいろいろな場面で心身ともに不安定になります。

子供の心と保護者の方のお気持ちに共感性を持ち、ふれあいのある医療を心がけています。

1、一般外来

かぜや胃腸炎など予約なしで受診できます。
午前は月曜日から土曜日。午後は月、火、木、金曜日の14時30分~16時まで。どんなことでもお気軽に受診してご相談下さい。
(尚、現在は、新型コロナウイルスのため、熱や咳などのかぜ症状のあるお子さんは完全予約制となっています。)


2、専門外来

以下の専門外来を、完全予約制で行っています。
① 喘息外来
月曜日と水曜日の午後に2診で行っています。定期的に肺機能検査、呼気No検査、アレルギー検査等を行い、それぞれのお子さんに適正な治療をおこなっています。フォロー患者数でも県内トップクラスの小児喘息外来です。
 
② アレルギー外来
月曜日と水曜日の午後(喘息外来といっしょに)と土曜日の午前に行っています。アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎、食物アレルギー等のアレルギー疾患をそれぞれのガイドラインに従い治療しています。アレルギー検査をご希望の方はお申し出ください。
尚、食物アレルギー負荷試験は行っていません。舌下免疫療法をご希望の方は当院耳鼻科を受診してください。
 
③ こどものこころの外来
小児科外来にご連絡ののち、必ず予約してから受診してください。
(尚、現在、他院からの紹介は受け付けていません)
 
④ 夜尿症外来
午後の外来の時間に、他の外来といっしょに診療しています。夜尿症専門外来の表示はしていません。生活改善、アラーム療法、薬物療法を組み合わせ、多くのお子さんが半年から1年で完全に治癒しています。悩まないで受診してください。治療に適した時期は小学1年生からです。
 
⑤ 小児発達障害の外来
ご相談下さい。困っているのはその子の周囲ではなく、その子自身なのです。お力になれるように努力いたします。
(現在、新規のお子さんは受け付けておりません。)
 
⑥ 小児便秘外来
月曜日と第1第3木曜日の午後、あるいは月曜日火曜日木曜日の午前の外来を受診してください。乳児から中学生まで、しっかりと治療してゆきます。週に2回以下しか便が出ないお子さん、排便に苦痛が伴うお子さんはご相談下さい。腹部エコーで便の貯留の確認もいたします。
 
⑦ 小児神経外来
金曜日の午後に小児神経の専門医が主にてんかんの診断治療を行っています。熱性けいれんで心配な方もご相談下さい。
 
⑧ 小児代謝内分泌外来
月曜日の午後(月2回)、大学病院の専門医が担当。低身長、思春期早発症、家族性高コレステロール血症などの疾患の診断治療フォローを行っています。
 
⑨ 小児肥満外来
小児代謝内分泌の専門医が、基礎疾患のないことを確認し、しっかりと栄養指導などを行っています。将来の健康のため、いっしょにがんばりましょう。
 
⑩ 小児循環器外来
先天性心疾患、不整脈、川崎病後のフォローを行っています。心雑音や心電図異常を指摘された方の精査も実施しています。
 
⑪ 小児貧血、血液外来
主に鉄欠乏性貧血の診断治療を行っています。血友病や血小板減少性紫斑病などのフォローも行っています。


3、予防接種、乳幼児健診


各種定期接種と乳幼児健診は完全予約制です。
BCGは月曜日の午後、他の予防接種は火曜日と木曜日の午後に実施しています。
5歳児健診は火曜日の午後、他の健診は木曜日の午後に行っています。
 
子宮頸がんワクチンも接種しています。
 
任意接種(自費での予防接種)は以下のとおりです。


 おたふくかぜ          ¥5,500
 三種混合            ¥3,300

他の任意接種に関してはお問い合わせ下さい。

※ シナジスの注射をご希望の方もお問い合わせください。

おたふくかぜの予防接種は、現在のところ任意接種ですが、
日本小児科学会は「予防効果を確実にするためには、2回の接種が必要」と、2回接種を推奨しています。
予約や接種時期に関しては  TEL 044-366-8900:小児科外来まで、お問い合わせ下さい(月曜から金曜日)
小児科一般の入院に関して
入院治療を要する場合は他院(川崎市立川崎病院、済生会横浜市東部病院等)へ
責任を持ってご紹介しております。 

また、当院産婦人科は現在分娩を停止しています。

page top