病院のご案内

婦人科


当院の婦人科

臨床・学術面ともに専門性の高いスタッフが大学病院と密接に連携し、質の高い医療を実践しています。

現在、分娩の対応および産科検診は休止しています。妊娠中の方や妊娠の確認が必要な方は、恐れ入りますが他の医療機関を受診下さるようお願い致します。

 
主な治療法と対象疾患

婦人科系のがん

検診等でがんを疑われた方への二次検診・診断・セカンドオピニオンを行います。また、コルポスコープやCT・MRIを用いて、子宮頸部の異常や卵巣腫瘍の精密検査を行います。
 

月経困難症や月経不順

月経(生理)のつらい方、特に将来的に妊娠・出産を希望される方は、鎮痛剤による単なる対症療法で済ませずに、その背景を調べます。


不妊症の診断と治療
経口排卵誘発剤・注射による排卵誘発治療・人工授精を実施し、男性不妊の 漢方療法も行っております。

 

性器脱の保存的治療

更年期障害とアンチエイジング医療

漢方療法・ホルモン補充療法・精神科と連携した心理療法などがあり、患者さんとの面談に十分な時間を確保しながら納得のゆく治療の選択肢を決めていきます。
各種の血液検査に加え、頸動脈の超音波検査により動脈硬化の程度を調べ、骨密度を測定 するなど、総合的な検査と治療を行うことにより、加齢現象に対抗する「アンチエイジング」医療を行っております。


担当医師

青木 類

婦人科部長

【 専門分野 】

 婦人科腫瘍学
 (特に化学療法・分子標的療法)

 子宮内膜症
 生殖医療
 (不妊症、特にホルモン治療・
  卵巣加齢医学)

【 資 格 】

 日本産婦人科学会専門医・指導医
 日本受精着床学会評議員


page top