看護部について

看護部理念

私達は、患者さんの立場に立ち「日本鋼管病院にきてよかった」と思っていただける看護をします。

基本方針

患者さん一人一人の人権を尊重し安全で安心な看護を実践します。

医療チームの一員としての役割と責任を果たします。

看護師としての誇りと責任を持ち、自分の能力開発に努めます。

看護提供の方法

同じ眼差しで看護するために「5つのものさし」を大切にしています。

1.
日本鋼管病院看護部における看護のとらえ方

日本鋼管病院では、同じ方向軸と視点をもち、同質の看護を提供するために、看護師全員が常に「5つのものさし」に従って看護しています。

※「5つのものさし」とは、ナイチンゲールの看護をベースにした評価基準です。

5つのものさし
1生命の維持過程(回復過程)を促進する援助
2生命体に害となる条件、状況をつくらない
3生命力の消耗を最小にする援助
4生命力の幅を広げていく援助
5持てる力・健康な力を活用し高める援助
2.
勤務体制

一般病棟: 二交替勤務

介護療養病棟: 二交替勤務

3.
看護方式

日本鋼管病院における看護提供の方法は、
「担当看護師(プライマリ)制 一部モジュール型」とする

〈定義〉

担当看護師と複数の副担当看護師らによる入院から退院まで継続した看護を提供していく方式。
コーディネーターを中心に(担当看護師と複数の副担当看護師らにより)日々の看護業務を提供していく。