病院のご案内

耳鼻咽喉科

当科の特色

   
耳鼻咽喉科・頭頸部外科全般の診療を行っていますが、
「頭頚部腫瘍とその患者さんの統合医学的治療、サポート」や「補聴器のご相談」、
「吃音でお悩みの方へのカウンセリング、言語療法」、「めまい」、「副鼻腔手術」に注力しています。


検査については、耳鼻咽喉科・頭頚部外科の全般的検査が可能です。
その他、嚥下機能検査・心身医学的検査も行っています
(嚥下検査に関しては、重症者は入院の必要があります)。


右写真: 耳鼻咽喉科スタッフ 
 (前列中央:浦尾部長、同左:石川医師、同右:富里医師)

主な対象疾患

 耳鼻咽喉科の一般的な疾患
 中耳炎 、 副鼻腔炎 、 咽喉頭炎 、 扁桃炎やアデノイド増殖症、
 声帯ポリープや結節 、 口内炎 、異物 、 顎下腺唾石 、 顔面外傷など
 耳鼻咽喉科領域の機能性疾患 
 難聴 、 めまい 、 耳鳴り 、 末梢性顔面神経麻痺 、 嚥下障害 、
 睡眠時無呼吸 、 いびき、吃音 など
 頭頚部外科
 咽・喉頭 、 鼻・副鼻腔 、 耳 、 口腔 、
 唾液腺(耳下腺、顎下腺、舌下腺、口腔内小唾液腺) 、
 甲状腺の腫瘍性病変 、 頚部のリンパ節腫脹や腫瘍性病変など
 耳鼻咽喉科心身症  当科領域は心身症の比較的多い領域です
 (例えば、咽頭異常感症、一部の耳鳴り、めまい、失声症、吃音、
  心因性難聴 など)。
 自律神経失調症に伴うめまい感等も扱います。
頭頚部腫瘍の治療とサポート
当院には「早期緩和ケアチーム」があり、その一環として「腫瘍サポート外来」を設けています。
「早期緩和ケア」とは、一般的な末期患者さんのみが対象となるのではなく、悪性腫瘍と診断された直後から、治療中、初期治療終了後の経過観察期間などに起こってくる種々の心身、あるいは社会的問題に対して、神経科医師やケースワーカー等とも連絡を取りながら援助して行くものです。

「腫瘍患者さんやそのご家族のQOLの向上」、「治療成績の向上」を図る等の目的で、心身医学的・社会的サポート、あるいは免疫増強を主眼とした各種治療(免疫療法・芸術療法・心身医学的治療等)を元来の治療に加えて行う事が可能です。

また、頭頚部腫瘍に限らず他領域の腫瘍患者さんの受診も可能です(その際には主治医との連絡・連携が重要であるため、紹介状を持参して頂く必要があります)。
めまい
神経内科との連携のもと、内耳機能検査から頭部MRI精査まで行っています。

特殊外来である「めまい外来」では、最も頻度の多い良性発作性頭位眩暈症に対しては「浮遊耳石置換法」なども行い、高い改善率が得られています。

めまい外来は毎週水曜日午前の林医師によるものと、隔週月曜日午後の荒木医師によるものがあります。
めまい外来受診希望の方は、まずは一般外来を受診いただきご相談下さい。

補聴器
難聴でお困りの方の補聴器装用に関するご相談を受け付けております。
 
難聴には適切な治療により回復するものもあり、まずは一般外来にて難聴の原因を精査します。
補聴器適応のある方では、患者さんの御希望に応じて補聴器を検討します。
最近ではインターネットや街中でも気軽に補聴器を購入できますが、本来は個人の聴力に合わせた機種選択が必要です。
 
また、「購入したはいいけど、使い物にならない」といった声もよく聞かれます。
補聴器は眼鏡とは異なり, 装着した瞬間からしっかり聞こえるようになる道具ではありません。
頻回に通院したうえで、”細かい調整”と”聞こえのリハビリテーション”を行わないと、しっかりと聞き取ることは難しい道具なのです。
 
当科では医師が介入して上記の指導を行います。
すでに補聴器をお持ちの方にはご持参いただき、当科で調整可能であれば継続使用していただくことも可能です。
補聴器を新規に作成される方には、無料の貸し出し期間がありますのでご利用下さい。
期間終了後、満足いただけなければ返却できます(購入の強制は致しません)。
吃音(きつおん)
【吃音とは?】

吃音とは一般的に「どもり(※)」と呼ばれるもので、言葉が流暢に出てこないもの
つまり声は出るはずなのに「なめらかに」話すことができないものを指します。

1%ほどの人が持っているといわれていますが、世間に知られていない病気で、
吃音を診療する医療機関が少ないのが現状です。

主な症状(中核症状)として、このような症状があります。

・連発(繰り返し) : 「お、お、お、お母さん」
・伸発(引き伸ばし) : 「ぼーーくの鉛筆」
・難発(ブロック、阻止) : 「、、、、、とけい」

進行した吃音は連発(ことばを繰り返す)だけでなく、難発と呼ばれる『言葉が出てこなくなる』症状が
メインになってきます。
難発は、本人も「吃音」であることがわからなかったり、周囲の理解が得られにくかったりするため
1人で悩んでしまいがちです。

また、言葉以外にも下記のような症状が生じます。

・予期不安:「この言葉どもりそう」と話す前からわかること。
 重症例では「どもること」自体よりも「予期不安」の方が辛いこともあります。

・回避:どもるのが嫌で、どもりそうな場面(人前、電話)を避けること。

・対人恐怖:初対面の人に会いたくない。電話ができない。周囲となじめない。
 
こういった症状が強いと、社会生活を送る上で障害となってしまいます。


当科では、全国的にも数少ない、「声」や「吃音」でお困りの方を対象とした
「音声・吃音外来」を開設しており、

小児、成人ともに必要に応じて言語療法士による言語療法を併用します。

 【音声・吃音外来】
 
 小児に対しては環境調整や学校への配慮のお願いなどを通じて、吃音が軽くなること、
 吃音に対するネガティブな感情が生じすぎないよう対応します。

 成人に対しては、まずは「吃音とはどんな疾患か」理解していただく必要があります。
 その上で認知行動療法を応用したカウンセリングを行います。
 また必要に応じて補助的な投薬治療も行います。


※ 「どもり」は差別用語と捉えられることがありますが、ここではわかりやすく表現するために用いました。
  予めご了承願います。

 
「音声・吃音外来(金曜午後)」の受診を希望される方は、
耳鼻科外来(044-366-8900)にご連絡のうえ予約いただくか、富里医師の耳鼻科一般外来を受診して下さい。


手術

専門性の高い頭蓋底手術等を除き、
 「咽頭・喉頭・口腔に対する良・悪性腫瘍手術 (ラリンゴマイクロ手術を含む)」
 「鼻副鼻腔手術(内視鏡下手術含む)」
 「アデノイド・口蓋扁桃摘出術」
 「鼓膜チューブ留置術」
 「軟口蓋形成術 (いびき、睡眠時無呼吸に対する手術含む)」
 「甲状腺腫瘍」
 「唾液腺腫瘍」
 「リンパ節やその他の頚部腫瘍に対する手術」 など、広く全般的に手術対応が可能です。

また、
大学病院より医師を招聘し「耳科手術」も施行しております。

鼻づまりに対する手術として、日帰りで可能な「レーザー手術」や、
根本的に直す「鼻中隔矯正術・下甲介粘膜切除術」の両方が可能で、ご希望、重症度によって選択し施行します。

特に、「頭頚部腫瘍(咽・喉頭腫瘍、甲状腺腫瘍、唾液腺等を始めとする頚部腫瘍、リンパ節腫脹など)」と
「鼻副鼻腔内視鏡手術」に重点を置いています。

外来

一般外来は、月~金曜日と第2・4週土曜日の午前に行ない、「腫瘍患者サポート外来」・「頭頚部腫瘍外来」・
「めまい外来」・「音声・吃音外来」・「補聴器外来」等の特殊外来は午後(外来により曜日は異なります)に
行なっています。

特殊外来については、一般外来にて受診して担当した医師と相談し予約をお取りします。
直接受診を希望される場合は、かかりつけ医の紹介状をご持参下さい。
音声・吃音外来のみ電話にて予約可能です。
 
一般外来の受付時間は 8時45分~11時30分(初診受付は11時まで)
特殊外来の受付時間は 14時00分(14時30分開始の外来もあり)~16時30分
 
外来診療はこうかんクリニックにて行なっています。
音声・吃音再診外来のみ病院外来にて、診察、言語療法を行います。

page top