病院のご案内

日本鋼管病院について

 

  こうかん会は、日本鋼管病院・こうかんクリニック・水江診療所・こうかん訪問看護ステーションから成り立っている医療法人で、患者さん中心の全人的医療を提供するという理念のもとに運営されています。

 核となる日本鋼管病院は1937年に創立され、今年80周年を迎えました。
長年にわたって地域に根ざした病院として親しまれ、順調に発展して参りました。
現在では急性期、地域包括ケア、療養型の病棟を抱え、すべての病状に対応できる入院体制を整えています。
 
 私たちが目指す病院は、職員が仕事にやりがいを持ち、医師が自分の担当する患者さんは素晴らしい医療を受けていると信じ、患者さんたちが自分たちの受けている医療やサービスは素晴らしいと感じ、日本鋼管病院があるからこの地域に住んでいて良かったと思われる病院です。

そのような病院の実現に向けて、職員一同研鑚・努力を重ねて参ります。

これからもよろしくご支援のほどお願い致します。
      
                         医療法人社団こうかん会 理事長 別所 隆
                                   

 

 
 
  日本鋼管病院は昭和12年の創立以来、川崎市南部地区の地域中核病院として一貫して地域医療の発展と高度医療の提供に貢献して参りましたが、この地域医療への貢献こそが当院が担うべき大切な役割の一つです。

 昨今、病院をとりまく医療情勢は大きく変化しています。
特に地域医療における病院の機能分担の流れはその中心にあり、高度急性期型・一般急性期型・亜急性期型・長期療養型へと機能分化されていきます。これは、急速に進行しているこれまで日本社会が経験したことのない未曾有の高齢化社会へ向けての政府の施策であり、病院間の機能分化は喫急の問題となっています。
 
 この超高齢化社会に向けて、行政や医師会と協力して地域の皆様が安心して暮らせる地域完結型の医療体制確立のために、当院の提供できる医療の幅を地域医療のニーズに合わせて少しずつ着実に広げていき、地域の患者さんとながく繋がっていける病院を目指して院内の医療体制を構築していきたいと考えています。
 また、地域ぐるみで支える地域医療のためには、医療を提供する病院職員の力だけではなく、ご家族も含めた医療を受ける側の皆様のお力も必要になります。

是非、ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。
                             日本鋼管病院 院長 小川 健二
 

当院の理念




音楽のまち川崎、映画のまち川崎。
東京交響楽団がフランチャイズとし、世界水準の楽団による音楽が楽しめるミューザ川崎、映画館やライブハウスの複合施設であるラチッタデッラ川崎や大規模ショッピングモールのラゾーナ川崎など、商用都市として、また芸術都市として川崎の街は今も発展を続けています。 
 そんな川崎駅から車で約5分の場所に、「日本鋼管病院」および「こうかんクリニック」は位置しています。
周辺は昔ながらの風情を残しており、すぐ近くにある駅前の喧噪が嘘のようです。
当院は、昭和12年に川崎市初の総合病院として創立されて以来  “地域社会への貢献”  を基本理念に、一貫して地域に開かれた医療活動を続けています。

当院では すべての患者さんのために。を基本理念としています

すべての患者さんのために、

  • 安心・安全な医療を提供します。
  • 医療知識・技術の研鑚に努めます。
  • 地域・社会とともに活動します。
  • 互いの立場に立って行動します。
  • 経営の健全性を保ちます。
  • チャレンジし続けます。

日本鋼管病院で行っている外来

一般外来の大部分は「こうかんクリニック」にて行っていますが、下記の診療は「日本鋼管病院」にてお受けしています。
スポーツ整形外科・リハビリテーション科・手の外科リウマチ外来の受診を希望される場合は、まず「こうかんクリニック」の整形外科外来を受診下さい。歯科は直接受診下さい。

page top